お手入れについて|のれんオーダー制作から販売までお任せ下さい。店舗や湯・楽屋用と幅広く通販より激安作成致します。

オーダーのれんの販売店

お問い合わせはこちら

居酒屋などの飲食店舗用途・浴場施設の湯(風呂)・楽屋の入り口などを彩る特注サイズとデザインのオーダーのれんを通販にてオリジナル作成から印刷染め販売までを格安にてお受け致します。

HOME>暖簾のお手入れについて

暖簾のお手入れについて

下記には業務用にて作成された際には必要となってくるかと想定される、のれんのお手入れ方法を素材別に記させて頂きます。是非、ご参考下さいませ。

綿素材について

洗濯機などの摩擦が激しい洗い方は避けてタライなどに、ぬるま湯を貯めてください。そこに中性洗剤を適量いれ溶かしてください。その後、のれんをぬるま湯に着け優しく手で揉み洗いをして下さい。

この作業を長時間に渡って漬け置きなどをしてしまいますと、染色部分が滲んでくる可能性がございますのでお気をつけ下さい。もし、汚れなどが激しい場所に関してはブラシなどでスポット的に適度な力加減で擦って下さい。

揉み洗いが終わりましたら、暖簾をぬるま湯で流し最後は水で必ず濯いで中性洗剤を取り除いてください。脱水後、しわになっている部分を伸ばして日陰干ししアイロンをかけましたら終了になります。

麻素材について

麻のれんの特徴と言いますと「風合い」「高級感」になりますが、生地自体が天然素材である為に冬場の乾燥時期やエアコンにあたる環境ですと、生地にシワや下部辺りから丸まってきてしまいます。掲げてないお時間などに、霧吹きで少し水分を与えるなどのお手入れが必要になってきます。

  • お問合せはこちら
  • お見積依頼はこちら

お問合せはお気軽に