染め・プリント方法|のれんオーダー制作から販売までお任せ下さい。店舗や湯・楽屋用と幅広く通販より激安作成致します。

オーダーのれんの販売店

お問い合わせはこちら

居酒屋などの飲食店舗用途・浴場施設の湯(風呂)・楽屋の入り口などを彩る特注サイズとデザインのオーダーのれんを通販にてオリジナル作成から印刷染め販売までを格安にてお受け致します。

HOME>のれんの染め・プリント方法

のれんの染め・プリント方法

飲食店などの店舗様や個人用途で使われる楽屋のれんなどオリジナルで作成する際に必須の染めとプリント方法。
下記には当店で行います一般的な製法を書かせて頂きます。ご不明点などございましたら、お気軽にお電話などにてご連絡下さい。

本染め(反応染め)

高級感を持たせ柔らかい仕上げになる手法と言う事で業務用のれん問わず綿素材で人気のあります反応染め。
液体の染料を反応剤ともに素材に染み込ませる事により化学反応を生地内のセルロースと言う成分が起こします。それが染色(変色)に繋がります。

その後に、蒸しと洗いの行程を繰り返し仕上げにかかります。
また、耐光性(紫外線)に関しましては、それほど強くは無いですが素材そのものを染色している為に、堅牢で洗濯にも強いです。

顔料プリント

顔料インクは水やアルコールに溶ける事は無いので接着剤を混ぜて繊維に着色する手法をとります。
張り付ける方法ですので、裏から見た場合には色が抜けることは無いです。しかし、紫外線等による退色には強い仕上がりになります。

行程数が上記の本染めより少ない為に、業務用としては低価格で制作できるのもメリットです。通常は裏面が見えなくても良い場所(日除けのれん)などに使われる場合が多いです。

昇華転写

版などを作らずフルカラープリントが可能な昇華転写です。楽屋のれんなど豪華な色合いの際には、化学繊維素材で使われる事の多い印刷方法でもあります。プリントしたいデザインを転写紙に印字しまして、ポリエステル生地に合わせた後に熱ローラーにて加熱し染色するプリント方法です。

  • お問合せはこちら
  • お見積依頼はこちら

お問合せはお気軽に