のれんの色や素材と季節感|のれんオーダー制作から販売までお任せ下さい。店舗や湯・楽屋用と幅広く通販より激安作成致します。

オーダーのれんの販売店

お問い合わせはこちら

居酒屋などの飲食店舗用途・浴場施設の湯(風呂)・楽屋の入り口などを彩る特注サイズとデザインのオーダーのれんを通販にてオリジナル作成から印刷染め販売までを格安にてお受け致します。

HOME>のれんの色や素材と季節感

のれんの色や素材と季節感

お店に季節感を与えたい。旬の料理やサービスと共に、内装や従業員のユニフォーム、そして店先ののれんに至るまで徹底的に季節の演出をされたい。ご来店されるお客様の心を鷲づかみにされている店舗様ほど、こうしたディティール面も一切の手を抜きません。

当店では、季節に応じた激安オリジナル暖簾の提案もさせていただきます。

下記に一般的な例をご紹介致しますので、参考までにご一読いただけますと幸いでございます。

暖簾の色によって演出する季節感

春

春といえば桜や新緑の季節というイメージが強いです。明るいピンク色や黄緑色をのれん生地にプリントされると、それだけも春らしいイメージを演出することができます。

夏

夏は清涼感溢れる色合いが好まれます。白色や青色、水色をメインにのれんをご製作されますと、とても涼しげで爽やかな印象を与えてくれます。

秋

秋と言えば紅葉や黄葉の季節になります。そして夏の終わりを寂しがり冬の寒さに備える季節でもあり穏やかな橙色や赤系色を多分に含んだ茶系などがイメージをマッチします。

冬

冬に用いるのれん制作は、素朴な色合いがそぐいます。具体的にはグレーや薄紫などが頻繁に利用され、温かみを出したい場合は鈍い色に少し赤みを含ませた色調が使用されます。

のれんの生地によって演出する季節感

春夏

春夏向けの素材と言えば麻素材が挙げられます。綿と同様かそれ以上の風合いと、涼やかな通気性を併せ持つ素材です。安い他の素材と比較しますと若干割高にはなりますが、それゆえ細部へのこだわりを表現できる素材でもあります。

秋冬

秋冬向けの素材は綿素材、とりわけ分厚いものが挙げられます。また、綿素材に見た目を似せて作られた格安テトロン帆布もお薦めです。デザイン、印刷方法、ご予算などを踏まえ、ご判断いただければ幸いでございます。

のれんの素材によって演出する季節感

春なら桜柄、夏なら朝顔やヒマワリの柄、秋なら紅葉柄、冬なら落葉樹の柄など、季節に合わせた動植物を歳時記などをヒントに挿入されてのれん作成される方もいらっしゃいます。

  • お問合せはこちら
  • お見積依頼はこちら

お問合せはお気軽に